知っておきたい!2024年補助金で玄関リフォームをする前に考えるべきこと|コラム|リノベーションするなら福岡・久留米・熊本のYUYUリノベ|増改築リフォーム

リノベーションコラム

COLUMN

NEW

知っておきたい!2024年補助金で玄関リフォームをする前に考えるべきこと

2024.03.12

玄関の古さや機能性の不足が気になりますよね。

特に、家の顔とも言える玄関は、訪れる人に最初に印象を与える重要な部分です。

さらに、エネルギー効率の低下を招く可能性もある古い玄関ドアは、快適な住環境を損なう原因ともなり得ます。

こんなにも日々の生活に影響を及ぼす玄関が、最新の機能やデザインに劣っているなんて、非常にもったいないことですよね。

2024年には、玄関リフォームを考えている家庭にとって大きなチャンスがあります。

それは、新たに始まった先進的窓リノベ2024事業を活用することで、玄関のリフォームをより手軽に、そして経済的に行うことができるということです。

このキャンペーンは、住宅のエネルギー効率を向上させることを目的としており、多くの家庭が利益を得られるように設計されています。

この記事を読むことで、先進的窓リノベ2024事業を利用した玄関リフォームのメリット適用条件、そして成功へのポイントを明確に理解できるようになります。

補助金の概要と変更点

先進的窓リノベ2024事業は、家のエネルギー効率を向上させ、より快適で持続可能な住環境を促進するために設計されています。

このキャンペーンのもと、玄関リフォームに関心のある家庭には特に注目のチャンスがあります。

なぜなら、今年から先進的窓リノベ2024事業に玄関ドアの交換が新たに補助金の対象となったからです。

これにより、玄関ドアを含む外部の開口部に関する改修作業が広範囲にわたって支援されることになりました。

変更点としては、主に二つのポイントが挙げられます。

  • 補助金額の調整:一部の補助金額が前年と比較して変動しています。この変更は、補助金の対象となる工事や製品の見直しによるもので、より効果的なエネルギー改善策を推進するために行われました。
  • 補助対象の拡大:特に大きな変更点として、玄関ドアの交換が補助金の対象に新たに加わったことが挙げられます。これは多くの家庭にとって大きなメリットとなります。

補助金の具体的な額は、リフォームの内容や適用される製品によって異なります。

例えば、エネルギー効率が高い玄関ドアの交換には、最大で数十万円の補助が提供される場合があります。

補助金を申請するには、いくつかの条件があります。

主な条件としては、エネルギー効率の向上を目的とした改修であること、そして指定された性能基準を満たす製品を使用することが挙げられます。

これらの条件を満たすことで、補助金を利用したリフォームが可能になります。

補助金の詳細や申請方法については、公式のウェブサイト地元のリフォーム会社で情報を得ることができます。

事前にしっかりと情報を集め、計画的にリフォームを進めましょう。

補助金対象のリフォーム工法

2024年の住宅リフォームにおける補助金キャンペーンは、玄関ドアの性能向上を目指す家庭に大きなチャンスを提供しています。

このキャンペーンでは、ドアの断熱性能を大幅に改善することができる「はつり工法」「カバー工法」補助金の対象になっています。

以下、両工法の特徴と補助金額の詳細をご説明します。

1. カバー工法

カバー工法は、既存のドア枠を残し、その上に新しいドア枠を取り付ける省エネルギー型のリフォーム方法です。この方法は、工期が短く比較的低コストで実施できるため、大掛かりなリフォームを行いたくない家庭に適しています。

補助金額

  • P (SS)ランク(Ud値1.1以下):最大で小サイズで109,000円、中サイズで163,000円、大サイズで220,000円の補助が受けられます。
  • Aランク(Ud値1.9以下):小サイズで58,000円、中サイズで87,000円、大サイズで117,000円の補助があります。
  • Bランク(Ud値2.3以下):補助金の適用はありません。

2. はつり工法

はつり工法は、既存のドアと枠を取り除き、新しいドアと枠で完全に置き換える方法です。サイズやデザインを自由に選べるため、オーダーメイドのリフォームを希望する家庭や、より高い断熱性能を求める場合に最適です。

補助金額:

  • P (SS)ランクでは、小サイズで91,000円、中サイズで136,000円、大サイズで183,000円の補助が受けられます。
  • Aランクの場合、小サイズで46,000円、中サイズで69,000円、大サイズで92,000円の補助があります。
  • こちらもBランクでは補助金の適用はありません。

注意点

補助金を適用するためには、ドアの断熱性能が指定されたUd値を満たしている必要があります。また、リフォームを行う前に、詳しい補助金額と条件を公式の案内で確認し、適切な工法とサイズを選択してください。

補助金対象商品の選び方

リフォームを検討している初心者の方にとって、補助金の対象となる商品を選ぶプロセスは少々難しく感じるかもしれません。

しかし、適切な商品を選ぶことで、補助金を活用し、コストを抑えつつ家の価値を高めることができます。

以下は、補助金の対象となる商品を選ぶ際のガイドラインです。

1. 性能を理解する

ドアの性能はUd値によって区分されており、この数値が低いほど断熱性能が高くなります。補助金の対象となるドアは、Ud値が基準値以下である必要があります。基準値はP(SS)、S、A、Bのカテゴリーに分けられており、P(SS)が最も高性能ですが、Bランクは補助金の対象外です。

2. サイズを選ぶ

ドアのサイズも補助金の額に影響します。

自宅のドア開口部のサイズを測定し、以下のカテゴリーに合致する製品を選びましょう。

  • 小(S): 1.0㎡以上 1.6㎡未満
  • 中(M): 1.6㎡以上 2.8㎡未満
  • 大(L): 2.8㎡以上

3.適切な製品を選択する

さまざまなドア製品がありますが、すべての製品が補助金の対象となるわけではありません。

補助金の適用を受けるためには、性能基準を満たす製品を選ぶ必要があります。

リフォームを行う際には、販売店や製造業者に補助金の対象商品であるかを確認しましょう。

4. 補助金の額を確認

性能サイズによって補助金の額が異なるので、リフォーム計画に合わせて最適な補助金額を得られる商品を選択してください。

例えば、カバー工法でP (SS)ランク、大サイズのドアを選べば、最大で220,000円の補助が得られます。

戸建住宅・低層集合住宅

中高層集合住宅

補助金対象の商品を選ぶ際は、ドアの性能指標であるUd値、必要なサイズ、選択する工法、そして得られる補助金の額を検討の上、最終的な選択を行ってください。

これにより、補助金を最大限に活用しながら、望むリフォームを実現できます。

まとめ

2024年の玄関リフォーム補助金は、多くの家庭にとって大きなチャンスです。

しかし、その機会を最大限に活用するためには、補助金の詳細を理解し、適切な準備と計画が必要です。

この記事が、あなたの玄関リフォーム計画に役立つ情報を提供できたことを願っています。

写真引用先:先進的窓リノベ2024事業【公式】サイト

https://window-renovation2024.env.go.jp/construction/door-co.html

サイト
メニュー
メニューを
閉じる

電話で
お問い合わせ