福岡で相続したお家をリノベーションする際のコツとポイント~費用や税金の負担を軽減する補助金や減税などの制度も活用しよう~|コラム|リノベーションするなら福岡・久留米・熊本のYUYUリノベ|増改築リフォーム

リノベーションコラム

COLUMN

NEW

福岡で相続したお家をリノベーションする際のコツとポイント~費用や税金の負担を軽減する補助金や減税などの制度も活用しよう~

2023.12.07

相続したお家をリノベーションすることで、自分の好みやライフスタイルに合わせて住空間をカスタマイズしたり、資産価値を向上させたりすることができます。しかし、リノベーションには高額な費用がかかる場合や、相続税の負担が増える場合など、様々な注意点があります。特に、福岡県では、相続したお家をリノベーションする際に、補助金や減税などの制度を利用できる場合があります。この記事では、福岡で相続したお家をリノベーションする際の注意点やメリット、補助金や減税などの制度についてご紹介します。

相続したお家をリノベーションするメリット

相続したお家をリノベーションすることには、以下のようなメリットがあります。

– 自分の好みやライフスタイルに合わせて住空間をカスタマイズできる

– 築年数が古い建物でも、耐震性や断熱性を高めることで安全性や快適性を向上させることができる

– 建て替えに比べて費用や工期を抑えることができる

– 空き家のまま放置すると発生する固定資産税の増税や行政からの指導・命令などのリスクを回避できる

– リノベーション後に売却や賃貸をする場合、買い手や借り手が見つかりやすくなる

相続したお家をリノベーションすることで、自分の夢や希望を実現することができます。また、相続したお家をリノベーションすることで、故人の思いや記憶を大切にしながら、新しい住まいとして生まれ変わらせることができます。

相続したお家をリノベーションする際の注意点

相続したお家をリノベーションする際には、以下のような注意点があります。

– リノベーションには高額な費用がかかる場合があり、その分の回収が見込めない場合がある

– リノベーションによって建物の面積や用途が変わった場合、登記の変更手続きが必要になる場合がある

– リノベーションによって建物の評価額が上がった場合、相続税の負担が増える場合がある

– リノベーションによって建物の構造や耐久性が損なわれる場合がある

– リノベーションには専門的な知識や技術が必要であり、信頼できる業者や設計士を選ぶことが重要である

相続したお家をリノベーションするかどうかは、自分の目的や予算、建物の状態などを総合的に判断する必要があります。また、リノベーションをする場合には、事前に相続人や家族との話し合いや合意を得ることも大切です。

福岡で相続したお家をリノベーションする際に利用できる補助金や減税などの制度

福岡県では、相続したお家をリノベーションする際に、以下のような補助金や減税などの制度を利用できる場合があります。

– 福岡県空き家等対策事業補助金:空き家や空き地を有効活用するためのリノベーションや建て替えなどの工事費の一部を補助する制度です。補助金の上限額は、リノベーションの場合は200万円、建て替えの場合は400万円です。申請には、空き家等対策計画の作成や空き家バンクへの登録などの条件があります。

– 福岡県住宅リフォーム補助金:耐震性や省エネ性、バリアフリー性などを向上させるためのリフォーム工事費の一部を補助する制度です。補助金の上限額は、耐震性向上の場合は100万円、省エネ性向上の場合は50万円、バリアフリー性向上の場合は30万円です。申請には、リフォーム計画の作成や設計図書の提出などの条件があります。

– 福岡県住宅リフォーム減税:住宅ローン減税の対象となる住宅をリフォームした場合、所得税の控除を受けることができる制度です。控除額は、リフォーム費用の10%で、上限額は100万円です。申請には、リフォーム費用の領収書やリフォーム内容の証明書などの条件があります。

– 福岡県空き家等固定資産税減免制度:空き家や空き地を有効活用するためのリノベーションや建て替えなどを行った場合、固定資産税の減免を受けることができる制度です。減免率は、リノベーションの場合は50%、建て替えの場合は75%で、減免期間は3年間です。申請には、空き家等対策計画の作成や空き家バンクへの登録などの条件があります。

– 福岡県空き家等対策事業貸付金:空き家や空き地を有効活用するためのリノベーションや建て替えなどの工事費の一部を低利で借りることができる制度です。貸付金の上限額は、リノベーションの場合は2000万円、建て替えの場合は4000万円で、利率は年0.5%です。申請には、空き家等対策計画の作成や空き家バンクへの登録などの条件があります。

これらの制度を利用することで、相続したお家をリノベーションする際の費用や税金の負担を軽減することができます。ただし、これらの制度には、申請期限や対象条件などがありますので、詳しくは福岡県のホームページや空き家対策センターなどに問い合わせてください。

まとめ

福岡で相続したお家をリノベーションすることは、メリットもあれば注意点もあります。自分の目的や予算、建物の状態などを考慮しながら、リノベーションをするかどうかを決めることが大切です。また、リノベーションをする場合には、福岡県の補助金や減税などの制度を利用することで、費用や税金の負担を軽減することができます。リノベーションに関する詳しい情報や相談は、以下のサイトや電話番号などを参考にしてみてください。

– [福岡県空き家対策センター]:0120-55-2023

– [福岡県住宅リフォーム補助金]:092-643-3456

– [福岡県住宅リフォーム減税]:092-643-3456

– [福岡県空き家等固定資産税減免制度]:092-643-3456

– [福岡県空き家等対策事業貸付金]:092-643-3456

この記事が、福岡で相続したお家をリノベーションする際の参考になれば幸いです。

サイト
メニュー
メニューを
閉じる

電話で
お問い合わせ