2024年のリフォームはどうなる?トレンドと対策を知ろう|コラム|リノベーションするなら福岡・久留米・熊本のYUYUリノベ|増改築リフォーム

リノベーションコラム

COLUMN

NEW

2024年のリフォームはどうなる?トレンドと対策を知ろう

2023.12.26

あなたは、自分の住まいに満足していますか?もし、古くなったり、狭くなったり、不便に感じたりしたら、リフォームを検討してみませんか?リフォームは、住まいの快適性や価値を高めるだけでなく、省エネや環境にも貢献できるものです。しかし、リフォームをするには、いろいろなことを考えなければなりません。特に、2024年は、リフォーム業界にとって大きな変化の年になりそうです。2024年のリフォームはどうなるのでしょうか?リフォームを検討しているあなたにとって、どのような影響があるのでしょうか?リフォームのトレンドと対策について知っておきましょう。

働き方改革関連法の適用で工事の工期や価格が上がるかも

2024年4月からは、建設業界にも働き方改革関連法が適用されます。これは、時間外労働の上限規制や割増賃金率の引き上げなど、労働条件の改善を目的とした法律です。これは、リフォーム事業者にとっては、人件費の増加や勤怠管理の徹底が必要になるという課題です。一方で、リフォームを検討しているあなたにとっては、リフォーム工事の工期や価格が上昇する可能性があります。リフォーム事業者は、この制度に対応するために、建設DXの導入や生産性向上の取り組みが必要になるでしょう。リフォームを検討しているあなたは、リフォーム事業者の信頼性や実績を確認し、見積もりや契約内容をしっかりと確認することが大切です。

建築物省エネ法の施行で省エネ性能の高いリフォームがお得に

2024年10月からは、建築物省エネ法に基づく建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制度が施行されます。これは、消費者が建築物を購入・賃借する時に省エネ性能の把握や比較ができるようにする制度です。これは、リフォーム事業者にとっては、省エネ性能の高いリフォームの提案や実施が求められるというチャンスです。一方で、リフォームを検討しているあなたにとっては、省エネ性能の高いリフォームをすることで、光熱費の節約や環境負荷の低減ができるというメリットがあります。リフォーム事業者は、この制度に対応するために、省エネ性能の評価や表示の方法を理解し、消費者にわかりやすく説明する必要があるでしょう。リフォームを検討しているあなたは、省エネ性能の高いリフォームを選ぶことで、お得にリフォームをすることができるでしょう。

中古住宅流通や戸建てリノベーションの市場が拡大する

2024年以降も、リフォーム市場は拡大すると見込まれています。これは、新築住宅着工数の減少や中古住宅流通の拡大など、住宅ストックの活用が進むことによるものです。また、脱炭素や空き家対策など、社会課題の解決にもリフォームが貢献できるということです。リフォーム市場の拡大に伴い、リフォーム事業者の業態も多様化しています。特に、中古住宅仲介や戸建てリノベーションなど、新しいサービスが増えています 。リフォームを検討しているあなたは、自分のニーズに合ったリフォーム事業者やサービスを探すことができるでしょう。

リフォーム業界の専門店化や中古住宅仲介市場への参入が進む

リフォーム市場の拡大とともに、リフォーム業界の競争も激化しています。消費者のニーズは多様化し、高品質や高付加価値のリフォームが求められています。リフォーム事業者は、この状況に対応するために、専門店への業態転換や中古住宅仲介市場への参入など、新たな戦略を展開しています。専門店への業態転換とは、特定の分野やターゲットに特化したリフォームサービスを提供することです。例えば、キッチンやバスルームなどの水回りのリフォームに強みを持つ専門店や、女性やシニアに向けたリフォームプランを提案する専門店などがあります。専門店への業態転換は、リフォーム事業者にとっては、差別化やブランディングの機会となるとともに、消費者の満足度やリピート率の向上に貢献できるというメリットがあります。リフォームを検討しているあなたは、自分の好みや予算に合った専門店から、オリジナルやこだわりのリフォームを受けることができるでしょう。

中古住宅仲介市場への参入とは、中古住宅の売買や賃貸に関する仲介業務を行うことです。例えば、中古住宅の販売や購入の仲介や、中古住宅のリノベーションや管理の提案などがあります。中古住宅仲介市場への参入は、リフォーム事業者にとっては、新たな収益源や顧客獲得の機会となるとともに、中古住宅の価値向上や流通促進に貢献できるというメリットがあります。リフォームを検討しているあなたは、中古住宅仲介市場に参入したリフォーム事業者から、中古住宅の購入やリノベーションの相談を受けることができるでしょう。

まとめ

2024年のリフォーム業界は、制度の変化や市場の拡大、課題の対応など、多くの課題に直面することになります。しかし、それらの課題を乗り越えることができれば、リフォーム業界はさらに発展することができるでしょう。リフォームを検討しているあなたは、2024年に向けて準備を進めておくことが大切です。福岡でリフォームやリノベーションをお考えの方は、補助金や税制優遇などの支援制度を活用して、断熱リフォームや断熱リノベーションを行いましょう。断熱リフォームや断熱リノベーションを行うことで、快適で省エネで環境に優しい住まいを手に入れることができます。


参考文献、引用元:

[1] 住宅リフォームの支援制度について(国土交通省)
[2] 住宅の省エネ化に向けた取組(環境省)
[3] 断熱リフォームとは(日本断熱協会)
[4] 断熱リフォームのメリット(住宅リフォーム情報館)
[5] 断熱リフォームでCO2削減(日本断熱協会)
[6] 住宅エコリフォーム推進事業(国土交通省)
[7] 既存住宅における断熱リフォーム支援事業(環境省)
[8] 次世代省エネ建材の実証支援事業(経済産業省)
[9] 省エネルギー住宅リフォーム補助金(福岡県)
[10] 省エネルギー住宅リフォーム補助金(福岡市)
[11] 住宅リフォーム市場データブック2024(住宅新報社)
[12] 住宅業界の「2024年問題」とは?今後の展望と現在の問題点についても解説(住宅新報社)
[13] 2023年の業界トレンドキーワード5つとは?(リフォーム産業新聞社)
[14] 2023 戸建リノベーション業界 時流予測レポート(リフォーム産業新聞社)

サイト
メニュー
メニューを
閉じる

電話で
お問い合わせ